FANDOM


メーターの東京レース』(メーターのとうきょうレース、原題:Tokyo Mater)は、ピクサーによる2008年公開の短編アニメーション映画である。日本では2009年8月1日に公開された。

概要 編集

ディズニーデジタル3-D (Disney Digital 3-D)で製作された初めての短編作品。映画『カーズ』のスピンオフカーズトゥーン メーターの世界つくり話」 (Cars Toons) のシリーズ4作目にあたる[1]。舞台は日本東京で、日本語で書かれたネオン看板や東京タワーなどの建造物が登場する。しかし、登場人物が全員車であることを除いても現実の東京とはよくある勘違いされている違和感があり、そのタイトルも含めワイルドスピードX3 TOKYO DRIFTを思わせる公道レースシーンが多々見受けられる。

2008年11月21日に公開されたウォルト・ディズニー・ピクチャーズ製作のCGIアニメ映画『ボルト』の同時上映作品である。なお、同時上映を開始したのは2008年12月12日からである[1]

登場人物 編集

現実の世界 編集

  • メーター
    このストーリーの主人公。暴走族を見て、東京でドリフトレースをしたことをマックィーンに話しだす。
    彼の妄想の世界では外車改造車となっており、かつて若き頃と同じの水色の車体に大型GTウイングとオーバーフェンダーとフェンダーミラーを装着し、車体サイドには“トマト”(TOW MATERの日本語なまりでの読み方?)の文字が書かれている。レース中、マックイーンが東京タワー近くまで飛ばしたあとに、装着していたエアロパーツ(ボンネットも含む)が衝撃で無くなってしまう。
  • ライトニング・マックイーン
    映画本編の主人公で、メーターの友人。メーターの妄想の世界では「ライトニング・ドラゴン・マックイーン」として登場させられ、その世界ではウイングにメッシュホイールの装備になっており、龍のステッカーが貼られており、メーターの邪魔をする忍車軍団をカンフーアクションで倒したり、メーターを東京タワー近くまで飛ばしたりなど、ある程度は活躍する。カーズ2では、ライトニング・ドラゴン・マックィーンによく似たレーシングカースタイルで登場する。
  • シェリフ
    「フローズV8カフェ」に入り、ラジエーター・スプリングスの住民に挨拶するが、暴走車たちを目撃した時点で追いかけ始める。
  • ウィンゴ、DJ、ブースト
    映画本編に登場した暴走車たち。メーター達のいるフローズV8カフェをドリフトで通過した後、シェリフに追いかけられる。ちなみに、スノット・ロッド(プリムス・AARクーダ)は日本車でないのか登場していない。ちなみにエンディングシーンで、DJが後姿で登場している。
  • グイド
    最後にメーターを段ボールでレース仕様に見立てた。

妄想の世界 編集

  • イトウさん
    砂漠に迷いこんでいたところをメーターに助けられ、東京へと牽引してもらう。車両のモデルはトヨタ・センチュリー[2]と思われる。名前の由来は、演じている声優の名前から。
  • カブト
    ブースト(設定上1994年型三菱・エクリプス)にそっくりな姿をした改造車(相違点は車体のカラーや瞳の色、ウイング、マフラーなど)。彼のフロントバンパーにメーターがテールをちょっとぶつけたことを発端としてレースを仕掛ける。バトルをした結果メーターに負け、最終的にノーマルの状態にされてしまう。ちなみに、彼が話す英語は非ネイティブである。カーズ2にもカメオ出演として登場する。
  • ミアとティア
    映画本編にも登場した双子のマツダ・MX-5 ミアータ(日本名:マツダ・ユーノスロードスター)。2台共、メーター同様車体サイドに名前の文字が書かれているが、メーターの改造と同時にトマトバージョンに改造してもらった(相違点はウイングとタイヤが黄緑色、ステッカーなど)。日本の漫画を意識したためか、通常より瞳が大きくなっている。
  • サムライ・ピッティ(テキ&パキ)
    イトウさんの左右に2台登場。車体はグイドにそっくりで、“改造”の文字が書かれた鉢巻きをしている。メーターをレース仕様に改造する。
  • シティー・サン・クレーン
    工事現場で登場するクレーン車で、同じのが多くいる。メーターとマックィーンの走るところを見て、ボディを動かしたら誤ってオイルや土管を落としてしまう。顔はフランクに似ている。
  • ヨコザ、コモド、ヨウジンボウ
    東京にて登場する改造車。ヨコザとヨウジンボウはDJ(サイオン・xB)に、コモドはウィンゴ(日産・S15シルビア)に類似してある。ヨコザはカーズ2にカメオ出演として登場する。
  • チョウ、キャンデー、マンジ、カーレース、タビヌ、バイバイカー
    東京にて登場する改造車。バイバイカー以外は日本未販売のゲームCars Mater-Nationalのキャラに類似してある。
  • ドーナツ販売員
    トーキョー・ポリスがドーナツターンをするドーナツショップのレジに登場するフォークリフト。車体はノット・チャックに類似してある。
  • ヴァンさん
    一瞬だが、メーターが対向車線を走るとき、避けようとする一般車。映画本編に出て来たミニバン夫婦のヴァンに似ているが車体の色が明るい。
  • マイク・ワゾウスキ、ジェームズ・P・サリバン
    和食店「ハリーバウゼン」店内に一瞬登場。映画本編に登場したモンスターズ・インクの二人の主人公の車版。ちなみに、同じく映画本編に登場したイエティは登場していない。

キャスト(英語/日本語) 編集

  • メーター:ラリー・ザ・ケーブル・ガイ/山口智充
  • ライトニング・マックイーン:キース・ファーガソン/土田大
  • シェリフ:?/池田勝
  • カブト:マッハ・トニー・コバヤシ/落合弘治
  • イトウさん:ロバート・イトウ/石住昭彦
  • ウィンゴ:-/乃村健次
  • ミア・ティア:エリッサ・ナイト/吉田仁美
  • その他の声の出演:ピーター・ソーン、ボブ・ピーターソン、ソノコ・コニシ、ボブ・スコット、ヘンリー・リー、グイド・カローニ、その他7人

スタッフ 編集

トリビア 編集

  • メーターが東京湾から上がるシーンの背景に、『トイ・ストーリー』や『カーズ』に登場するダイナコ石油の看板が見える。
  • ビルのビジョンにマックィーン失踪時の報道番組と同じチャンネルような映像が流れている(背景にはカブトらしきスポーツカーに「ドリフトキング・オブ・トーキョー開催!!」とのテロップ)。
  • BNL社が登場する。
  • 和食店「ハリーハウゼン」が登場し、店内に『モンスターズ・インク』のマイクとサリーが一瞬ながらカメオ出演する。なお、『モンスターズ・インク』にも寿司屋「ハリーハウゼン」が登場する。店名の由来はレイ・ハリーハウゼン
  • エンディングなどに『となりのトトロ』に登場するネコバスをモデルにしたと思われる改造車が登場する。
  • ライトニング・マックイーンの声は、『カーズ』本編で担当したオーウェン・ウィルソンではなく、声優キース・ファーガソンが演じている。
  • メーターが東京に来たときのBGMは日本語だが、エンディング・スタッフロールで使用されたBGMはなぜか韓国語である。
  • イトウさんの後ろからサムライ・ピッティが登場する際、背景に『カーズ』に登場するキングファンのポリー・パドルジャンパーらしき車両が登場する。(瞳のサイズは異なる。)又、エンディング等にも細かく、ピストンカップ取材キャスターのコーリー・ターボウィッツと似た車体の改造車が登場する。
  • 妄想の東京の大抵の情景的な車が、『おジャ魔女どれみ』や『ふしぎ星のふたご姫』等の日本アニメを意識したためか、瞳が大きく、色は日本特有の茶色でなく、自由になっている。
  • 東京が舞台なのに本格的な日本車があまり出ていない(イトウさんと、ミア・ティアを除いて)。
  • カーズ2にて、舞台の一つとして登場するが、ある程度メーターの世界観に似ており、仮想の東京で出てきた看板がそのまま使用されている。また、カブト、ヨコザ、4台のギャルカー[3]がカメオ出演する。

出典 編集

  1. 1.0 1.1 テンプレート:Cite news
  2. しかし、どっちかといえばリアあたり除きクラウンセダンクラウンコンフォートに近い。
  3. 瞳の色が全員茶色に変更されている。

外部リンク 編集

テンプレート:Movie-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki