FANDOM


テンプレート:画像掲載について(TDR) テンプレート:ウィキプロジェクトリンク テンプレート:ウィキプロジェクトリンク

トイ・ストーリー・マニア!Toy Story MANIA!)は、世界のディズニーパークにあるアトラクション。

概要 編集

ディズニー・ピクサー映画『トイ・ストーリー』シリーズの世界観をモチーフとした、4-Dタイプのシューテイングアトラクション。3-Dメガネをかけたゲストはライドに乗って、トイ・ストーリーのキャラクター達のシューティングゲームを楽しむ。ライドにはカラフルな大砲「シューティング・ローディッド・シューター」が装備されていて、それを使って的を狙っていく。シューティングゲームとスコア発表は全てスクリーンで行い、ゲストが乗ったライドが順番にスクリーンの前に止まってゲームを行う。ゲームの的や背景、矢などはすべてCGで再現している。

2010年5月下旬からは、『トイ・ストーリー3』の公開に合わせ、新しいゲームと当映画の新キャラクターを登場させた。

ゲームの種類(名称は内容から。公式の訳ではない)/英語での名称/登場キャラクター(2010年6月現在)
パイ投げゲーム(練習用ゲーム)/Pie Throw Practice Booth/トイ・ストーリーの全キャラクター
タマゴ投げゲーム/Hamm & Eggs/ハム、バターカップ
風船割りゲーム/Rex and Trixie's Dino Darts/レックス、トリクシー
皿割りゲーム/Green Army Men Shoot Camp/グリーン・アーミー・メン、スカッド
輪投げゲーム/Buzz Lightyear's Flying Tossers/バズ、エイリアン、ザーグ
射撃ゲーム/Woody's Rootin' Tootin' Shootin' Gallery/ウッディ、ジェシー、ブルズアイ、プロスペクター

なお、東京ディズニーシー版の内容は不明。

このアトラクションが存在するパーク 編集

このアトラクションの導入が計画されているパーク 編集

テンプレート:予定

各施設紹介 編集

ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー 編集

テンプレート:アトラクション (WDPR)

ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー版は、「パラダイス・ピア」というエリアに設置されている。外観はビクトリア時代のカーニバル風になっている。


ディズニー・ハリウッド・スタジオ 編集

テンプレート:アトラクション (WDPR)

ディズニー・ハリウッド・スタジオ版は、このアトラクションと同時にオープンした、ピクサー・アニメーション・スタジオを再現している「ピクサー・プレイス」というエリアに設置されている。


東京ディズニーシー 編集

テンプレート:アトラクション (TDR) 2012年に約115億円の投資額をし、アメリカンウォーターフロントのニューヨークエリアに設置する予定になっている[1]。正確な場所は、ブロードウェイ・ミュージックシアターとアメリカンウォーターフロント救護室の建物の間の奥となっている。

内容はディズニー・ピクサー映画『トイ・ストーリー』シリーズを題材にしたライドタイプのアトラクション。おもちゃ箱に入り込んだゲストは3Dメガネを装着しながらライドに乗り込み、トイ・ストーリーに登場する仲間たちと一緒に、立体映像の様々なターゲットを狙うゲームに参加する設定となっている。

オリエンタルランドの広報部が発表したアトラクション外観イメージ画像は「移動遊園地」のようになっている。

2011年7月18日にオープンした「ジャスミンのフライングカーペット」から1年後のオープン予定となる。

声の出演

ウッディ・プライド:唐澤寿明

バズ・ライトイヤー:所ジョージ

ジェシー:日下由美

ハム:大塚周夫

レックス:三ツ矢雄二

エイリアン:落合弘治

ザーグ:佐々木梅治

トリクシー:許綾香

バターカップ:ふくまつ進紗

軍曹:谷口節

Mr.ポテトヘッド:辻萬長

プロスペクター:小林修

ブルズアイ、スカッド:フランク・ウェルカー

脚注 編集

  1. 東京ディズニーランド®、東京ディズニーシー®アトラクションの新規導入計画について(PDF)


テンプレート:東京ディズニーリゾート テンプレート:アメリカンウォーターフロント

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki